記事一覧

旧ザク(1/144 旧キット使用) 製作10(バックパックユニット?)

IMG_1868.jpg

 今回は旧ザクの背中に付く(乗る?)バックパックユニットのフレームを製作します(^^♪
 1ミリプラ板で5ミリプラ角棒を挟み込んでいます

IMG_1867.jpg

 この画像は下側からになるのですが
 ちょこちょこっと「それらしくなるもの」を取り付ける為に5ミリプラ角棒を奥へ逃がしてあります。

 このフレームの表面に「らしくなる様」に貼っていこうと思います

IMG_1869.jpg

 リンク仲間のkohi123さんの記事への
 フレーム加工に際し「多層にしてみては?」という無茶振りコメントをしてしまい
 責任を持って自分でもやっておこうかと思いましてやってみました(;^_^A
 
 両側分2層にしますので0.5ミリプラ板を4枚重ねています。
 これだけ大きく余白を取りました理由は最初に4枚抜きをしますので
 「ズレ」の防止の為、4枚共の余白部分の4隅を瞬着にて点付け固定する為です。

IMG_1871.jpg

 初めに一番内側の線の形を抜きます。
 ドリルなどで貫いてからデザインナイフ等で形を出してやすり掛けで仕上げ、、
 の手順だと失敗はしにくいかな?と思います
 気を付けた方がいいかな?と思うのは一度に欲張って削らない事だと思います(;^_^A
 欲張るとかなりの確率で抉ります(・_・;)

IMG_1872.jpg

 内側を貫きましたら2枚づつの2組に分けます(瞬着を使用したのは後で剥がす為です)
 分ける前に後程、貼り合わせる為の基準が欲しいのでL字の2辺だけでいいので板ペーパー等で
 揃えておきます。

IMG_1873.jpg

 そして先程貫いた穴のもう一線外側を貫きます
 今回は0.5ミリ×2枚ですので開けやすいと思います。
 終わりましたら一線外側で貫いた板をバラシて
 最初に内側の線で貫いた1組を基準出しをした2辺を合わせながらサンドイッチして接着します。
 
 接着しましたらフレームとして組んだ箱に貼る準備をします。
 今度は一番外側の線(フレームの箱のアウトライン)の基準出しをします。
 サンドイッチした0.5ミリ×4枚の箱と貼り合わせる為に基準にする辺を削ります。
 この場合は上の2辺を書いた線に合わせて削りました。

 それが出来ましたらいよいよ2枚づつに真ん中で剥がします。
 でその基準を合わせて箱に貼ります。

IMG_1874.jpg

 セメントが固まりましたら余白部分を切り取ります。
 これにて完成、、になるのですが文章が拙くてわかりづらいかもしれません(;^_^A

 (この記事にはまだ続きがありますが時間が時間でして帰宅後に記事の続きを追記させて頂きますm(__)m)

 今日?は取り敢えずここまでです!
 このような記事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございますm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

どーも、kohi123です。

さすが14roeさん どこかのブログの人と違い
丁寧でカッコイイ上、説明も上手、しかも内容に下ネタが入って無いですね。

綺麗に削り出していますが、ヤスリは何を使っているんですか?
因みに私は中学生の頃買ったタミヤの半丸ヤスリと
100均ヤスリですが…。

No title

クラフトいちで見かけた多層の花瓶思いだしたよ
あれは値段もすごかったがw
こっちも緻密さで負けてないね

No title

どーも、かたっち☆・・・です♪

んー自分の場合は、繰り抜くのも面倒くさい
し、精度も出し難いんで「1mmや2mmの角棒を0.3mmや0.5mmの厚さに削って」短冊状になったプラ材を、パーツに貼り込むかなぁ・・・(汗)。

その方が、繰り抜いた「コーナー(隅)」の部分で「角」も出しやすいし、凸モールドの「幅」も全て揃うハズだから!

貼る順番を考えて行う事になるけど、キレイに仕上がるよん♪

今回は、書ける内容だったんで、久々にコメントしちゃった(笑)。

No title

こんばんは~

このプラ板加工は、サフ吹かなくても 「良い物だ!」って感がヒシヒシと伝わってきます!(驚)
隣でこの加工を14roeさんがしてたら、バンバンと肩を叩いて、失敗の道に誘いそうで自分が怖い!?(汗)

で、プラ板の切り抜き見てたら、昔こういうテンプレートを向きを変えながら次々と鉛筆でなぞれば、絵が完成するっていうプラ板ありましたよね~!?懐かしい!!
では、また~

No title

14roeさんの真骨頂出ましたね!
こういうメカニカルなディテールも上手いっすね~うっとり(*´ー`*)
ジャバラのようなガラリのような段々にするやつ。
あの14ディテ(勝手にそう呼んでます)がどっかに入らないかなーと密かに期待してます♪~(・ε・ )

で、このパーツどのようにジョイントするんですかね(^-^;?
イマジネーションが足りなくて見当がつきません(笑)
でもカッコいい!!

No title

14roeさん、こんばんは!

この最後に枠を切るんではなく、
対象物に接着して(剛性を確保してから)
切り取るという方法が、いいアイデアですね!^^

塗装にやや制約がありますが、
(貼り合わせるごとに塗装すれば各層での色替えも可能)
誰にでも挑戦しやすい工法として、素晴らしいと思います^^

No title

kohi123さん>説明は、、、かなり微妙ですが下ネタ無しなのは、、、関係ない部位製作で突然下ネタぶっこんだら只の変態ですからね(笑)

綺麗に見えてるんだとしたら写真に助けられてますがホムセンで購入した3本で2~300円のセットのです(;^_^A
今回2~3ミリ幅のやすりが必要だと身に沁みましたので購入しようと思いますが、、精密系は高いですよね(;^_^A

No title

てかとさん>お~それは嬉しいお言葉ですね!(^^♪
ワンオフものを売るって中々勇気が要りますね(;^_^A

No title

かたっち☆さん>あれ?完成時だけじゃなかったんですか(笑)

僕もエバグリの板厚0.5ミリの幅違いを数種類所持してましてその方法は真っ先に浮かぶんですが一長一短がありますよね?

今回は細長い単調な形状ですので、かたっち☆さんの方法でいけますが
リアスカート裏の広い面積に斜めを入れまくる、、とかでは逆にやり辛くなるのが容易に想像できます。
後は色々な所を拝見してみて一枚から掘るようなやり方が主流のようで
もしかしたら多少なりとも誰かの役に立つかもしれないとかな?と思い記事にしたんですよ~(^^♪

No title

テツさん>お褒めいただきありがとうございますm(__)m
ですが実物は結構、、、察してください(笑)

鉛筆でなぞる、、スーパーカーブームの時にテツさんの仰るようなものが有ったような、、(;^_^A
それで合ってましたらよく書きましたよ~(^^♪

No title

こばゆうさん>こばゆうさん褒め過ぎですよ(笑)
あれはオリジナルシリーズの世界観を表すものの一つとしてやってますのでMSでは合わないのではないかと、、(;^_^A

このパーツの付き方はこれから記事書きますので見てやって下さい!よろしくお願いしま~す(笑)

No title

かさばる兄さん>お褒めいただきありがとうございますm(__)m
貼ってから余分を切る順番は先にギリギリまで攻めた結果、良く抉ってきた経験からです(笑)

なるほど、、層に依って色変え!それ良いですね(^^♪
若干、手順は変わりますが4層5層(そんなに積層しないですか、、笑)でもいけますので面白いですね!
流石はかさばる兄さん!(^O^)

誰でも、、かさばる兄さんのように優れた文章力があれば良かったのですが読み返してみてイマイチ自分でも分かりづらい所が、、直し必須のようです(;^_^A

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

14roe

Author:14roe
岐阜県在住。
14roe(イチヨンアールオーイー)と申します。
HN?は家のバイクから拝借(ZX-14R)しました。
趣味でちまちま(主に)オリジナルロボを作っております。
製作意欲は40代になってもまだまだ止まりそうにありません、、というか加速中!(笑
バイクも好きです。(普段はタンデムソロツーですので夢はマスツー^^ )

今迄、明記はしておりませんでしたがリンクフリーですm(__)m

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -