記事一覧

真スサノオ 製作5 (腰部・脚部)

IMG_1299.jpg

    今回から脚部の製作に入らせて頂きます。
    まずは太腿からです。
    例によって塩ビ板に下絵を写し、それを素材に書き写します。
    
    モチーフ?としては西洋の鎧のように装甲が連なる形状としながら
    「和」のイメージも取り入れたかったので連なった裝甲板を腿全体ではなく前面部だけとしました。



IMG_1307.jpg

    腿部より前面装甲板の方が横幅があるようにしたかったので装甲板の線より外側で切り出しています。
    そして装甲板側の切り出し面を整えて、その整えた面に離型剤を塗り腿部との隙間にポリパテを
    盛って押し当てます。
    そしてパテ乾燥後に剥がします。



IMG_1309.jpg

    剥がした前面装甲板の製形に工程を移します。
    これも一番深く(幅が細く)なる一番下の段から板厚を考慮しながら削ります。
    左右のバランスを見ながら一段づつ上に進めます。



IMG_1310.jpg

    腰部の「荷電粒子砲」冷却用フィンを1ミリと0.5ミリのプラ板を交互に張り合わせています。
    この上から装甲を追加する予定です。
    ですのでもしかしたらチラ見えしかしないかもしれません^^;



IMG_1312.jpg

    フィンは折り目をつけながら貼っていったのですが画像ではわからないですね^^;



IMG_1313.jpg



IMG_1314.jpg

    ここからは腿部を仮組みしてみた画像になります。


IMG_1315.jpg



IMG_1323.jpg


IMG_1321.jpg

    部位的に進んでいないために画像の羅列のみになってしまいすみません^^;
    今回で腿部はある程度の形状が出来たため次回は膝より下部に移ります。
    その後に脚部全体のバランスを見つつ上半身との擦り合わせに入る予定となっております。

    今回はここまでです。
    似たような画像ばかりでしたが最後まで見て頂きありがとうございました^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

どーも、かたっち☆・・・です♪

「頭部」は、あれから修正されたのかな(?)、前よりカッコ良くなってる気がする・・・

見慣れて来たせーか、だんだん好きな感じになってきた♪

前から気になってたけど、白く見える部分は「ポリパテ」だったのね! そのうち聞こーと、思ってた所なのよん。

現状だと、プラ材から作った「荷電粒子砲の冷却用フィン」だけが、平面的なせーか(?)、すごーく浮いて見えるんだけど・・・

そこは、他のパーツが出来上がってくれば、気にならなくなり、上手く纏めてくるんだろーなぁ。

それも、簡単そーにやっちゃうから、羨ましーナリよ♪

No title

かたっち☆さん>頭は何もいじってないですよ?見慣れて頂けたという事ですね、嬉しいです^^
白っぽいとこ、確かに今まで触れてなかったかもしれないですね!^^;

かたっち☆さんの仰られる原因と冷却用フィンだけプラ板なのも浮いてる原因の一つかもしれません。
ここはチラ見えくらいの感じになると思いましてそれで解決できてるといいかなと^^;

コメントありがとうございました!^^

隙間にパテを押し込むのとか、なるほどと思いました!
それにしてもすげぇっすね(・・;)
細かくこだわったパーツを集合させるとここまでハイディテールになるとは。
もう僕なんかは口ぽっかーんの傍観者です(´Д`)
なんも言えねぇ(笑)

No title

どーも、kohi123です。

太もものソコが別パーツ?
工芸品ですか?…。

しかも 複製じゃなく2個も同じものをつくるって…。
職人なの?ドMなの?…。

腕とかどうなっちゃうんだろう?…。

No title

凄いディテール!

いやもうハイレベル過ぎて、ただただ驚くばかりです。
お体の方はもう大丈夫ですか?
更新楽しみにしていますが、どうかお大事になさって下さい!

No title

先日は相互リンクありがとうございました \(⌒▽⌒\)

太腿の部分のディテールも凄いですね~Σ(゚д゚;)
太腿部分だけ見ても驚きですが、仮組みした姿を見るともはや完全に変態的(誉)なディテールですよ!

No title

こばゆうさん>いえいえ、ディテールはむしろこれからですよ〜、、、なんて意味なくハードルを
上げてみたりして(笑)
というのは冗談として今の所、形状製作の段階ですので後程これよりもう少しだけディテ入ります^^
この方法はポリパテの便利な使い方の一つだと思います。合わせるパーツの片方だけ整えて
後は離型してポリパテ盛って引っ付ける、これで複雑なパーツも隙間なく合わせる事が出来ます。

コメントありがとうございました!^^

No title

kohi123さん>別パーツ化した理由は装甲板と腿の合わせ目の加工がしやすいようにと分けました。
腿の形状が中側と外側でラインが違ってまして(もちろん股関節の付く付近も)どうしても左右必要でした^^;
ド、ドM扱いですか!(笑)
腕はおそらく記号合わせで脚部と似た感じのものになると思われます、、多分^^;

コメントありがとうございました!^^

No title

TARE-MAX さん>お気遣いありがとうございます^^
御蔭さまでもう普段通りに回復いたしました。
本来、TARE-MAX さんの記事に書かなくてはいけなかったのですが、ここですみません
「ギャン」完成お疲れ様でした^^
あの落ち着いたトーンで纏められた塗装(ウェザリングも)、個人的に好きですねぇ〜^^

コメントありがとうございました!^^

No title

kunchan さん>こちらこそ相互リンクありがとうございました^^
これからも宜しくお願い致します!
変態的、、最高の褒め言葉頂きました!、、、、別の意味で?(笑)
でも更に変態的な方々が大勢いらっしゃいますので僕も今以上に変態道を突き進んでいかねばならないと
思っております^^(どんだけ変態って書くん!笑)

コメントありがとうございました!^^

No title

こんばんは。

もう最初から、ロボを知らない私がコメントできるような空気じゃないななんて思ってたんですが、いやはやこれはスゴいものが出来てきてますね(^_^;)

太腿のパーツも筋肉質で格好いいいです。
筋肉的にはカットがデカイ!ですねw

誰かも仰ってましたが、単純にロボというよりも、有機的な感じが仏像っぽい雰囲気もあると思います。さすが日本神話の神の名が付くだけの事はあるなあと。


しかし、こんなオリジナリティ溢れるエネルギーの塊みたいな物質をゼロから作れるヒトもいるんですねぇ。脱帽ですw

No title

勝奈たまよしさん>とんでもない、そういう方からの意見を聞かせて下さるのは嬉しいですよ^^
本人も迷いつつ製作してるものですから
ホント〜にいろいろな目線の方からのコメントはありがたいのですよ^^
有機的なものを感じて下さいますか!所々意識しながら製作してましたので嬉しいです!
嬉しいのですが褒め過ぎです(笑)こ奴は調子に乗りやがりますので危険です!ww

コメントありがとうございました!^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

14roe

Author:14roe
岐阜県在住。
14roe(イチヨンアールオーイー)と申します。
HN?は家のバイクから拝借(ZX-14R)しました。
趣味でちまちま(主に)オリジナルロボを作っております。
40代になってもまだまだ止められそうにありません、、というか加速中!(笑
バイクも好きです。(普段はタンデムソロツーですので夢はマスツー^^ )

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -