記事一覧

旧ザク(1/144 旧キット使用) 製作4(胴体・脚部)  追記アリ

IMG_1743.jpg

  製作記4回目となりました(^-^)

  (今回異常に長文が有りますのでご了承ください)
  足がつるつるでしたのでスリッパを履かせてみました。

  、、、がこれが間違いでした、、(・_・;)

  そう、角ばった形状にしてしまった為に他の箇所から浮いてしまい、、


IMG_1741.jpg

  こうなる破目にorz

  結局、上半身にもエッジを立たせなくちゃいけなくなり、、

  後で気付きましたが足の貼った部分の角を落として周りに合わせてやればよかったんじゃ、、と(笑)


IMG_1742.jpg

  という事でチョットグフっぽく(^^♪

  あああああ、、当初の「外装は出来るだけ弄らない」が早くも崩れ去り

  外装ほぼパテ、最早ベースは何でも良かったんでは?と結局こうなってしまうんですね(;^_^A


IMG_1751.jpg

  首にポリを仕込んで可動可能です。

  まだ丸見えですが後程、見えなくなる様加工します。

  ヘルメットには3ミリの穴を開けたプラ板を裏側の一番上に固定し

  モノアイレールの軸(3ミリプラ棒)を挿して固定しています。 

  因みに軸は胴体に固定してあり「首のポリ」→「モノアイレール」→「ヘルメット」の順に

  挿していきます。



IMG_1744.jpg

  そして開き直った脛部です(^-^;

  まだ形状だしの途中ですが既にパテ型です(笑)


IMG_1745.jpg

  ここでポリパテの使用は初めてという話をそこかしこで聞きましたので

  ポリパテならではの「対称に(見える)盛り付けのやり方」の一つを紹介させて頂きます。

IMG_1747.jpg

  一応図にしてみましたが(文才も無いので伝わらないと思いまして)見づらいですか?(;^_^A)

  例として断面が一定「丸」の場合の肉増しの仕方になります。

  図1がキットの脛で、この状態の形状を塩ビの板(僕の場合は0.5ミリを使ってます)に写します

  塩ビの板が手に入らない時は1ミリプラ板でもいけると思います。

  形状を写した塩ビの板に盛りたい分の線をひきます(図1の塩ビ板の点線)

  ひいた線に沿って切り取ります。

  そのキットとの間にできた空間がパテの盛られる厚みになります(図2の斜線部)。
 
  切り取った面を軽くペーパー等で整えていよいよパテ盛りです。

  パテはキット側に多めに盛ります(暖かくなってきて硬化時間が早くなってますのでお早目に!)

  (追記1です)ゲージのパテが触れる部分周辺に離型剤のようなもの(リップクリーム等)を

  塗っておきますと硬化後にゲージに付いた余分なパテが剥がしやすくなります。

  (かさばる兄さんありがとうございます(^-^))
  
  そして塩ビゲージをキットの面に対して面直にあてて動かしてください。

  なぜかと言いいますと倒すほどアールが大きくなり盛る量が増え一定の形状にならないからです。

  ただそれをワザと行う場合(パテを盛らない場所に向けて倒していく)もありますのでお試し下さい。

  後、気を付けた方が良いかな?と思うのは「一度でやろうとしない事」ですか。

  まず一度で綺麗な面が出る事はないです!(高熱による引けが起こります)

  (追記2です)そして回数を重ねる毎にパテの軟度を上げていくと

  (パテの主剤に溶剤を入れ混ぜた後、それと硬化剤とを混ぜます)より滑らかな面が作れます。

  ですがパテの流動性が上がりますので慣れないうちは少々使いづらいと感じるかもしれません

  (かたっち☆さんありがとうございます(^-^))

  気楽に気長にいきましょう!(笑)

  そして片側づつ、、右足の外側→左足の外(内)側といったように部位を分けると手直しの

  回数が増えなくていいかも!です(^-^)

  モノにも依りますが見えていない側を触ってしまう事になると思われますので部位は分けて

  行った方が宜しいかと。

  まだまだ方法も多岐にわたってありますので自分に合ったやり方がみつかると良いと思います(^^♪

  また追記するかもですが今回はこの辺で、、これが何かのヒントにでもなってくれれば嬉しいですヽ(^o^)丿

  では今回はここまでです!

  このような記事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(__)m

     
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

どーも、kohi123です。

「一日ザク」大改修になりそうですね。
ポリパテの塊になりそうな雰囲気ですが、
14roeさんはポリパテ作業の方が慣れているのでは?

ポリパテレクチャーも勉強になります。
サザンクロスのときはポリパテの塊になってしまったので このガイドを使った方法をもっと早く知っていれば楽できたかも…。

次のレクチャーも楽しみにしています。

No title

どーも、かたっち☆・・・です♪

予定に無かった「旧ザク」大改修! でも、それでこそ(?)14roeさん、とゆー気がして、どこか微笑ましく感じます(笑)。

普段、ポリパテをあまり使わない自分ですが、ゲージを回転させる「ロールケージ法」は、マジンガー製作の時にやりました♪

「ゲージを引ーて作る方法」の場合、仕上げに向かうに従って、ポリパテの粘度調整が必要になる(緩くする)事も、書いた方が良いのでは?

No title

ぽちっと応援にきました
当初の予定にないけど気になったら改修してた、みたいな
しかしずいぶん手をいれはじめましたねw
もー、足なんて飾りですよ
ジオンは宇宙圏とれればいいんで足はあとだと思ってましたw

No title

こんばんは~!

自分の嘆き、14roeさんの琴線にふれちゃいましたかぁ~(笑)
けど「対称に(見える)盛り付けのやり方」は、
今の自分には「プラモの男神様」が降臨したくらい参考になりました!!
ザクレロの両肩放置してるので、利用させて頂くかも~。
色々教えて頂いて、ありがとうございます!!

で、この2,3日で皆さんからポリパテの事レクチャーして頂いて、
自分のパテの使い方が大分変わってパテ盛りが楽しくなってきました。
ブログに助けられてます(嬉)
また困ればボヤきますんで、助けてくださいね~!(笑)

14roeさんの本気出した「旧ザク」楽しみです!
では、また~

No title

14roeさん、こんばんは!
イントロの、足首の角を落とせっばいいだけ?っての本当に思ったw
14roeさんの真面目さが裏目に出たっぽい?w

そしてこの治具いいですよね!
やはり曲線は勘でやると左右対称でないですよねw
思い知ったw

塩ビ板あるいはプラ板のパテが当たるあたりに、
リップクリームを塗っておけば、
片足仕上げた後、反対側でも使う時、
パテがさくっと剥がれていいかもです〜^^

No title

kohi123さん>はい、ポリパテの塊への道まっしぐら!となりそうです(^-^;

ブロックからの削りだしがほとんどでしたので盛ってていくやり方は、、、20数年ぶり?になるかもしれません(笑)

ジャンヌさんのお役に立ててたら良かったのですが今回は僕にも予定外の事でしたのですみませんm(__)m

No title

かたっち☆さん>やはりこうなってしまうんですね(笑)

軟度を上げていくやり方は書くかどうか迷ったんですよね(^-^;
ポリパテを使い始めて間もなくで軟度を上げた(最終的に)タラタラの状態のパテは取り扱いがし辛いんではないかな?と勝手に思いまして、、(・_・;)

しかし方法としての追記はしておいた方がいいかもしれないですねm(__)m

No title

てかとさん>応援ありがとうございます(^-^)
ここまでの予定は全然なかったのですが、、何でこうなってしまうんだろう?(笑)

てかとさん、何気にファーストのセリフを織り交ぜてきてくれてますが実は結構お詳しいのではないですか?(^^♪

No title

テツさん>アハハ!その通りです!(^-^)
もし使える所があれば是非試してみて下さい!

パテ使いが楽しくなってきた、、「やりたい事の発現」への手持ちカードが増えるという事は「やれる事の幅」も広がるので良い事だと思います(^-^)

ええ!ホントに皆さん優しくて全て教えて頂けるので僕も感謝していますよm(__)m

旧ザク、、本気というか期日に間に合うよう頑張ります(笑)というか一緒に頑張りましょうね!

No title

かさばる兄さん>足、、そうなんですよね(笑)
何故もっと早く気付かなかったのかと、、(;^_^A

真面目、、いえいえ、むしろ間抜けなのでは、、?(笑)

対称を目寸のみで行っていくと最終的にパテを盛った部分がほとんど無くなっているという「パテあるある」ですね?(^^♪

そうですね!離型クリーム(リップやハンドクリーム)は事前にゲージに塗っておくと良いですよね。
これも追記として書かせて頂きますね~m(__)m

No title

左肩のショルダー、胸部を大きくするんなら大きくする?
弱点の胸部が隠れるくらいじゃないと怖くてチャージできんよ
俺が乗り手ならだけどw

No title

てかとさん>すみません、、もしかしたらショルダーアーマーは使わないかもしれないのです(;^_^A

チョットばかし違ったものを付けてみる予定でおりまして、、。

あ!でもチャージ用のものではないんですけどね(^-^;

No title

その発想はなかったわ
そうだよね、別な武器、でっかいライフルとかでもいいじゃん
俺なら古い機体で出撃させんな、とか文句つけるかもしれんけど

No title

今回はポリパテ講座でしたねー!
溶剤混ぜても固まるんですかΣ(゜Д゜)?
ふつーのアクリル溶剤で良いんでしょうか?
ボッソボソになるのが気になってたもので、結局慣れたエポパテで整形、ポリパテで隙間埋めという使い方になってます。
エポパテは水混ぜすぎるとヒケますが、ポリパテに溶剤は硬化後ヒケますか?
って、聞いてばかりじゃなく自分で試してみますね(笑)
今回のご講義、身にさせていただきますヽ(*´▽)ノ♪

No title

てかとさん>アハハハ!古い機体と言われてしまいますと言い返す言葉もありませんが(笑)

旧ザクと言えばタックルですからね、、あのイメージが強すぎて、というか他に無いですね?(;^_^A

No title

こばゆうさん>講座と言えるほどではありませんが(;^_^A ポリパテの場合の溶剤は「スチレンモノマー」というものになります。

溶剤と言いましても主剤の成分を変える訳ではありませんので硬化しますよ~(^-^)

ただ混ぜ過ぎてはダメなのと厚塗りは出来ない(ひけが多くなります)のでポリパテを塗った部位への最後の仕上げ用くらいに考えて頂くと良いかもしれません(^^♪

この名前で検索して頂ければ通販も出来ると思いますし詳しく解説されていると思いますm(__)m

No title

肩は世紀末っぽい肩のとげとげがいい味だしてるけど、
あんなもん使ってるパイロットいないんだよなw
ドムやゲルググまでくると無くなって、バズーカ、ライフルに変わってしまう
白い悪魔の装備みたら、火力がすべてだし仕方ないね

No title

てかとさん>肩のとげとげ、確かにそうですね(笑)
ですがビード(広い面の補強)の一種と思えば、、、いや無意味かな?って何で僕はとげとげの擁護をしてるんだろう??(笑)

ええ、グフで終わりでしたね(^-^;
ジオン側も敵を近づけさせずに迎撃出来る火力を手に入れて「とげとげ」が要らなくなったんでしょうね!(^^♪

No title

どーも、かたっち☆・・・です♪

なんか14roeさんの作られてる「旧ザク」が、ジオンで開発されたモノじゃーなく、「マウンテンサイクル」から発掘されたモノに、見えてきてるナリ(爆笑)。

パイロットは、自分、そっちのほーが好きかも♪

そーすると、色は「こげ茶」か? ←或る意味、変化があって、面白くなると思う・・・

No title

かたっち☆さん>アハハ!(笑)
旧ザクを作れば「完成」ではないのでそれは困りますね(^-^)
旧ザク本体が出来てやっと全工程の半分弱?という感じですので(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

14roe

Author:14roe
岐阜県在住。
14roe(イチヨンアールオーイー)と申します。
HN?は家のバイクから拝借(ZX-14R)しました。
趣味でちまちま(主に)オリジナルロボを作っております。
40代になってもまだまだ止められそうにありません、、というか加速中!(笑
バイクも好きです。(普段はタンデムソロツーですので夢はマスツー^^ )

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -